予防医学ラボ メンタル やる気が出ない時の工夫4選☆

やる気が出ない時の工夫4選☆



こんにちは、

【親子でサッカーキッズの3つの才能をバランスよく引き伸ばすスクール】のヘルスケアラー🌿の赤司です。

 

あなたは自分の『やる気』の出し方を持っていますか?

これ、一番困ってるんだよね~・・・・という方。

 

実は、モチベーションって遺伝子で調べられることをご存じですか?

 

ただし、モチベーションリスク高!!!となっても諦めないでください。

「な~んだ、だったらこんな工夫しちゃうもんね♪」と自分と向き合う絶好のチャンスです☆

 

『やる気』を出す&継続させるには様々な工夫が可能です。

その中でも今回は取り組みやすい&面白い方法を4つご紹介します。

 

①≪キリがいいところ≫までやっちゃわない!

人間どこかで中途半端が苦手なんです。

いやいや、私適当な人だから気にならないし・・・・と、いうかたも侮るなかれ。

脳はね、勝手に勝手に動いてくれる”余白埋めたがり屋さん”なんです。

疲れたからここまでにしよ~っと。ではなく、

なんか疲れてきたな・・・・もう一問(一個)。とかして、その途中でやめます。

例えば、計算式の途中とか。洗濯ものの途中とか。(←コレ、気持ち悪くないですか???)

 

ね。やるなら最後までやってよ…とか思うからこそ!

次を始めやすくなるんです。

一方で、キリのいいところまでやってしまうと、こうなります。

・今日はここまで頑張ったしいっか。

・続きは、また明日!

 

心当たりありませんか????

 

②とりあえずどこか動かす。

頭より体を先に使う!みたいなことです。

先ず教科書開くのがだるいし・・・・なんて子は、とりあえずトイレに席を立ってみる。

勉強の御供(飲み物)を準備してみる。

とか、直接勉強に関係する動き以外からでも大丈夫。

まずは、動いてみる。そして、そのついでに勉強道具一式出してみる。

なんか好きなpage開いてみる。とかね!

 

ご飯作るのめんど~。なんかもう適当にカップ麺でも・・・となる前に。

取りあえず、野菜一つ出してみる。とりあえず、切ってみる。でOK!

何つくるか決まって無くても、切っちゃえば切った形をみてアレにしよ、とかなります。(もともとお料理しているならば、毛嫌いしていないならば!)

 

③人前でやる。

割と私は一人で狭いところでガン!っと集中したいタイプなのですが、

それだと余計なことしちゃうとか、眠くなる・・・なんて方はカフェやリビングなどの人が多いところでするといいですよ。

なぜなら、人に『見られているから』。やっぱり、よく見られたい!とかあるじゃないですか。そういう刺激から、徐々に集中モードに。なんてこともあるあるです。

 

④実は、栄養不足です。

最後にえ!!!!な工夫ポイントですね。

冒頭で遺伝子検査の話が出ましたが、これでセロトニンの分泌が苦手さんな人は、この方法も取り入れてみてください。

もしくは、日頃から隠れ栄養失調の人は(自覚してないと思いますが、)やってみてください。

 

やる気というのは、「よしやるぞ!」なスイッチなわけですが、

セロトニンが極端に不足すると”うつ”っぽくなります。

なぜなら、セロトニンは精神のバランスを安定させる働きがあるから。

 

だから、

・なんかこれって訳じゃないんだけどな~んか今日はやる気が出なくて。

・なんかよく分からんけど今日は集中できない。

とかそんなことありませんか?

 

そういう時こそ、アミノ酸!

アミノ酸の中でもトリプトファンがセロトニンの合成に関与します。

トリプトファン?何でどうやってとればいいの?

はい、こちら。

・鰹、レバー、パスタ、チーズなどのたんぱく質

・落花生、ごま、ほうれん草、豆もやし等

 

で、プロテインを進めるかというと否です。

トリプトファンは、体重1kgあたり2mg(50kg=100mg)が目安なので、取りやすい量かと思います。

但し!

睡眠不足やダイエット等の状況下にある場合は、きちんと摂取しましょう。

 

これやってもだめだった、、、というかたは、まだまだできる工夫がありますのでお問い合わせください!

あなたのライフスタイルと照らし合わせてあなたの『やる気スイッチ』を見つけましょう♪

 

(参考:あなたの脳のしつけ方目からウロコの「実践」脳科学)、脳科学者中野信子、青春出版)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。