コンセプト

C O N C E P T
コンセプト

これが予防医学ラボのコンセプトです。

目標達成を妨げる悩みや種を一つでも多く見つけ出し、取り除いて心身ともに健康になっていただき、年齢の壁を気にすることなく、いつでもやりたいことに挑戦できるような「健康の基盤をつくる」ことを目標としています。

対症療法で痛みや歪み、冷えなどの症状を取り除くのは治療家として当たり前であり、そのうえで運動や食事などの生活習慣、周辺環境や家庭・仕事などありうる要因を見直し、さらに目標へと近づくためのお手伝いをしていきたいと思っております。

代表:赤司 知代

G R E E T I N G
代表挨拶

私は小さい頃より動物と関わる仕事をしたいと思っておりました。それが、次第と具現化していき、動物のリハビリテーションをしたい。その思いの強さから理学療法の世界へ飛び込みました。

しかし、当時は動物のリハビリテーションとは日本ではまだまだ浸透のしの字もない程。

前人未到と言っていいのではないかという世界に感じました。

それでも夢を叶えるために、あらゆる関係者にあたって回り、病院で勤務しながら動物看護師の資格を取り、ようやく一件の動物病院で一ヶ月の研修をさせて頂けることになりました。

実はこの時点で、妊娠3ヶ月でした。

一般的に妊娠に気づきはじめる頃です。

安定安心を求める両親はもちろん、周囲のあらゆる人たちに未知の世界だと反対され、一人コツコツと活動し続けて、唯一応援してくれたのが夫でした。

がむしゃらに前進し続け、いざ研修となったある日、研修中の腹痛や自宅での不調から、明らかに妊娠だと自覚せざるをえませんでした。

一年頑張ってもできなかったし、授かり物だから、気楽にいこう。そう思った矢先でもありました。

「ここまできたのに」という気持ちと、「嬉しい」気持ちと半分半分でした。

むしろ、夢を諦めなければならないことに後ろ髪を引かれながら、前向きに考えられるようになるまで半年はかかりました。

夫の「なによりも命が大切だから」という一言で踏ん切りをつけました。

出産を期に、以前の自分のように夢に向かって頑張っている人たちやママ▪パパたちを応援したい!という気持ちが芽生え、育児をしながら自宅開業で整体を始めました。

そこから、『もっと』『さらに』と気持ちは増し、二人目の子供を迎えるために一時休業したものの、その間に多くを学びました。

栄養学や薬膳を学び、ウェルスダイナミクスに出会い自分と向き合い家族と向き合い、そして、内面美容やオステオパシーのスクールに通うことを決めました。

それも、私の目指すビジョンが明確化してきたからこそ必要なものが見えるようになったからです。

手当たり次第だった以前とはまた違う形で前進することができていることを嬉しく感じております。

私には一つの大きな目標があります。

それは、個々に応じた『健康維持増進法プログラム(仮)」を完成させることです。

現段階では試行を繰り返しており、すでにご協力いただいてる方々への感謝の気持ちは計り知れません。

本当にありがとうございます。

『探求心』と『発想力』が私の武器です。

2020年末までに一大プロジェクトの大枠完成を目標にしておりますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。

2019年10月より準備期間ではありましたが再び事業再開することができて家族には本当に感謝しております。

WHO の「健康とは、精神的▪身体的▪経済的に自立した状態である」を念頭に、夢や目標に向かう皆様のしっかりとした「健康の基盤」をつくりあげ、その後のフォローを含め全力でサポートさせて頂きたいと思っております。

今後とも 予防医学ラボ をよろしくお願いいたします。

M I S S I O N
ミッション

世界へ通じる知識と技術を追求し、さらには世界へと健康の輪を広げ、一人一人に必要とされるラボを目指します。

当ラボは、国家資格を持つ医療従事者としてのプロ意識はもちろん、お客様一人一人に親身に寄り添い、一つ一つのお悩みを解消し、目標達成や夢に向かって前進していけるよう、全力でサポートしてまいります。

また、栄養学をはじめ、最新の医学的な知見を西洋・東洋など様々な視点から常に吸収還元していき、医学的根拠に基づいた安心・安全な治療と癒しの提供をしてまいります。

さらに、「健康とは、精神的・身体的・経済的に自律した状態である」というWHOの定義に基づき、精神的・経済的自立に向けてのサポートも実施しております。

タイトルとURLをコピーしました