政治から見た日本医療、医者がぶった切る!医者と病院が国民を病気にしている?【ブレイクスルー 健康の基盤づくり 予防医学】

    コラム・お知らせ

    ◆なぜガンになってから治すのか?

    いつ病気になるかわからないから、ペット検診をする。

    早期発見早期治療。そんなモデルができている。

    ガン保険に入ってもガンは治らない!

     

    じゃぁ、そもそも病気になる原因は?

    『ストレス』『わからない…』結局対症療法。。。。

     

    これじゃぁ、何の解決にもなりませんね。

     

     

    ◆医療費はどこから出ている?

    税金から。

    ということは、割を食うのは国民…?

    財政理論、金融理論を理解していないからこそ起こる医療保険の矛盾…

    そして、減税してほしいというならば、自分たちもコントロールが必要。

     

    医療費は増大の一方。

    1982年は4兆円→今約50兆円。

    軍事費や建設費は5~6兆円。

     

    そして、ドラッグストアで簡単に買える薬(点鼻薬、目薬、胃薬など)このあたりも合わせると150兆円くらい!?!?

     

    築いて欲しいのは、それらの多くが対症療法だということ。

     

    ◆病院と病気の関係

    病院を減らすと健康長寿が増えた。―これってどういうことなんでしょう?

     

    『お菓子や甘いものを食べまくっている人達がなぜ保険適応なのか?』

    そんな疑問を投げかける吉野先生。

    お菓子・甘いもの。

    これらが酒・タバコよりも罪がないってどんな常識?

    タバコ辞めてもガン率UPしているの知っていますか????

     

    厚生労働省では、ガンNo.1タバコ。

    …本当?

     

    吉野先生エビデンスがないとぶった切りです!!!

     

    ガンは15年前からの食生活からきていると知っていますか?

    平均寿命が延びているからガンUP?

    いえいえ、30代のガン率UPはどう説明する…

     

    と、ぶった切りまくりの吉野先生ですが!

     

    結論はこう!

     

    食でしょうよ!!!!!

     

    ◆私が思うこと

    子供たちって、まだ体が出来上がってないんですよね…。

    で、給食です。

    パン・牛乳・白米‥‥

    なんで?どうしてそうなるんでしょう。

    栄養のこと、カラダのこと、もっとちゃんと知らないといけないんじゃないか?

     

     

    そして、いつでも簡単に手にする薬。

    目薬や点鼻薬って、薬って認識ない人多くないですか?

     

    政治の話もちょこっと出てきたけれど、

    なかなかね。

    自分の人生自分できちんとですよ!

     

    人任せ医療が日本を破綻させる???

    そんな、吉野先生のお話、聞いてみてくださいね♪

    正しい医者の選び方。大事です!

     

    (参考引用:CGS、日本の健康と予防医学より)

    コメント