疑うことを知らない優しすぎる日本人「その生活がガンなのです」【ブレイクスルー 健康の基盤づくり 予防医学】

    コラム・お知らせ

    ◆本当の予防医学ってなに?

    信じているものを疑わない。は、いいこともあるし悪いこともある。

    『〇〇先生が言ったから』

    『テレビで言っていたから』

    『日本のものは安全だから』

    それが、正しい情報ならば。という前提条件があります。

     

    と、同時にこの情報社会のなかで、何が正しいのか何が間違っているのか?

    発信をする人は、そこを踏まえて発信する必要があるなって思います。

     

    ◆そのガンを100%治せる先生がいますか?

    あなたのカラダのこと、ギャンブルにかけてませんか?

    医者=100%正解、じゃない。

    教師=100%正解、じゃない。

    教えてくれること=正解という、他人任せの思考が無意識に当たり前になっているなと思います。

     

    自分で学ぶ姿勢。

    それがどれだけ大切かを知って欲しいです。

     

    抗がん剤は、すでに禁止になってる国もあります。

    劇薬ですから。

     

    いい意味でも悪い意味でも、日本人は優しすぎる。

    お店にある。売ってあるんだから基準はクリアしている。

    =安全だ。

    本当にそう?

     

    政治も医療も金融もなんだってそう。

    保険が当たり前?

    本に書いてあることはただしい?(著者を調べましょう)

    根拠は?

     

    なぜ、病気になってから治療するのか?

    病気になるようなことをしといて何を言っているのか?

     

    ◆読んでみて欲しい本

    「その生活がガンなのです」

    「医者が患者をだますとき」

    「医療が病をつくる」

     

    どの医師も、真実を語っているそう。

    CGSでは、

    「医師は国に太鼓判を押されたブローカーだ」

    「人のためになるには、君が医者をやめることだ」

    など、これだけ聞くとびっくりなフレーズが飛び交っていますが、

    生の医師たちの本音。

    普段聞くことはないんじゃないかなと思います。

     

    医師不足と言われている日本ですが、

    意思を増やすのではなく、国民一人一人の意識を変える方がずっと大事だと思います。

     

    何かあったらお医者さん。

    じゃなくて、何かないようにしましょうよ!

     

    今日はそんなちょっと厳しめな声をお届けしました!

     

     

    コメント