目標への道のりを楽しむ方法:ツァガルニク効果から見る

    コラム・お知らせ

    また突然、突拍子もないテーマを持ってきました。

    7日間に続く心理学記事のほんのブレイクDayです♪

     

    ◆ストーリーぽくいきましょう☆

    1931年、邪魔の効果に関する論文を発表したツァガルニクは、高次神経活動研究機関で働きます。

    しかし、1940年、夫が逮捕。二人の子供を一人で抱えることに。

    そんな彼女は心理学者。

    夫の飛び火を恐れ、周囲から避けられ亡くなる。

    この時、彼女の研究は生き残っていて、彼女自身が発見した邪魔の効果こそが『ツァガルニク効果』と言われるものです。

     

    この『ツァガルニク効果』は、目標の研究の土台となっています。

    目標ときくと”夢”を連想しますよね?

    海外へ行く、起業する、出版する、、、、などなど。

    ですが、目標とはそうではなく、

    まだ実現していないが、保有または達成したいことすべてであり、実現に要する期間の長短は関係ない』ものです。

    文字にすると少々難しいですね。

    この定義でいくと、私たちは起きている限り目標だらけですね。。。。

     

    さて、ツァガルニク効果の研究により、脳は目標に関して2つのバイアスがあることが判明します。

    ①割り当てられた作業に着手すると、たとえ意味のない作業でもそれを目標と感じる

    ②作業に没頭しているときに邪魔が入ると、その作業が記憶にとどまる期間が長くなる

    です。

    しかも、これらは、脳内リストの上位に入るらしい。。。

     

    よくあるのは、仕事中に邪魔されるとイライラしますよね。

    ただし、ここでいう邪魔は違います。

    あえて自ら邪魔をするのです。

    これの邪魔は、謎を生みます。

    『え、続きは???』『いまのやつどうなったの?』など。

    ドラマや映画のシリーズ物のの終わり方が丁度そんな感じですね。

     

    そんなときの気持ちこそ、長期にわたって何かを成し遂げたいときの理想の状態なんだそう。

     

    要は、長期にわたって創造性を積み重ねていく『抽出』という過程の中に含まれるものこそ、学習の敵と認識している『邪魔』なんだとか。

     

    皆さんはどうですか?

    私は自分のスケジュールを崩されるのを嫌うので、外部からの『邪魔』は何とも言えない感情になりますが…そこは自分とうまくやっていますけどね♪

    でも、自分で生み出す『邪魔』とは、また面白い視点だと思いませんか?

     

    皆さんはどんな『邪魔』を使って、目標への時間を楽しむのでしょうか♪

    コメント