予防医学ラボ Medical Column,ボディ 睡眠のゴールデンタイムないんてない

睡眠のゴールデンタイムないんてない

睡眠について最近多くの記事や動画が見られますが、

その中でも「睡眠のゴールデンタイム」について

よく見かけ自分でも一回ちゃんと調べてみました!

 

【睡眠のゴールデンタイムとは?】

睡眠のゴールデンタイムは「22時から2時」までの間だと言われています。

このゴールデンタイムで成長ホルモンが最も分泌される時間だと言われています。

 

睡眠のゴールデンタイムの説で成長ホルモンとの関係以外に

どのようなことが言われていたのかは正確ではありませんが、

基本的には成長ホルモンとの関係について書いてあるものが多いと思っています。

 

ただ最近この通説は覆されてしまったのです。

 

【新説 睡眠のゴールデンタイムはない】

新説の情報では

睡眠開始の時間は関係なく、

睡眠時間で成長ホルモンの分泌が変化することがわかりました。

 

実際に睡眠時の成長ホルモンの分泌は睡眠開始後の徐波睡眠が最も多いと言われている。

 

徐波睡眠が開始されると突発的に成長ホルモンの分泌が行われているということがわかっています。

 

実際に成長ホルモンは若年男性では6〜7割、若年女性では5割未満が睡眠中に分泌されるとされています。

 

【なぜ睡眠のゴールデンタイムが言われてきたのか?】

この通説の根拠について論文を探してみたのですが

見つけることができませんでした。

 

他の方のブログ等には

昔の論文から今回の説が出ているような書き方をされていましたので

今回の通説は論文からの抜粋ではないかと考えています。

 

ここからは自分の想像ではありますが、

今回の論文で

実証を行う際に条件を決めて、時間的変化が出ないように

9時ごろに寝ることを前提条件に実証を行い

データを取っていたのではないかと考えています。

 

このようなことは研究においてよくあることで

初期の研究ではこのようなことが起こっても仕方がないことだと私は思っています。

 

当時の研究がどの程度行われていたかわかりませんが

先行研究をもとに他の条件で実証を行った際にどう変化するのか

研究することが多く、今回のように通説が覆されることもあります。

 

研究されたデータだからといって全てが正しいとは限りませんし、

はっきりいってわからないことが多い中で

不明確な情報に惑わされずにしっかりと情報を見極めて

取捨選択していく必要があると思いました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。