細胞内を覗いてみた~膜小器官~【ブレイクスルー 予防医学 トリセツ専門家】

さて、昨日聞いたことないような名前がちらほら出ていましたね!

諸々ひっくるめて、『膜小器官』といいます。

 

◆膜小器官を見ていくよ!

このうち、小胞体、ゴルジ装置、分泌小胞、リソソーム、エンドソームは直接繋がってはいませんが、互いに連絡しあっています。もちろん、細胞膜ともです。

小胞体は膜表面にリボソームをくっつけていて、この部分(粗面小胞体)がたんぱく質と脂質の合成と輸送に関与しています。

一方で、リボソームのくっついていない部分(滑面小胞体)は脂質代謝や解毒に関与しています。

 

 

◆ここで前回のDNAの知識が生きてくる☆

粗面小胞体のリボソームにおいて、mRNAから翻訳されたたんぱく質は、小胞体内腔に入った後、ゴルジ装置で修飾、仕分け、濃縮を受けます。

その後、分泌小胞を経てエキソサイトーシスにより細胞の外へ出ます。

この時、新たな膜成分が細胞膜に移行します。

 

こうしてみると、

DNAのたんぱく質合成の流れは、細胞内の彼らの助けがないと成り立たないのが分かりますね。

最近では、ミトコンドリアの話をよく聞きますが、彼らも決してないがしろにはできない存在です。

 

細胞内外の部分ですが、簡単にまとめますね。

細胞内→外:エキサイトーシス

細胞外→内:エンドサイトーシス

 

私たちは、デトックスのお話をする際に、細胞便秘についても説明していますね。

その理由は、ここまで話すだけでも少しわかってきてくれたかな?と思います。

 

不純物、汚物まみれの中では各器官は健康的に働くことはできませんし、今日お話ししたように、それぞれの期間は直接つながらずに連絡をしています。

コンサート会場でたった一人を探し出すのが困難なように、細胞内でも同じことが起こります。

そして、代謝が悪くなる。

 

ここを解消してあげることがいかに重要か。

再認識していただけたなら嬉しいです。

 

ここまで学べるのは、うちだけです。

ここまで語るのは私だけです。

 

ネットで調べて出てくるようなことは書きません。

『え、有料級じゃない!?』

と言われれば、悩みどころですが、私個人的には大丈夫かと(笑)

 

それだけ、うちのサービスに自信があるという事か、、、

中身を見てみればわかります♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です