自己免疫の自己紹介☆【ブレイクスルー 健康の基盤をつくる 予防医学】

自己免疫に種類があるって知っていましたか?

今回は5つの自己免疫の紹介をしますよ!!!

 

◆マクロファージ

自己免疫のなかでも最初に出てくる鉄板ですね!

カラダに入ってきた病原体に、いち早く対応する免疫細胞です。

貪食作用があるので、貪食細胞と呼ばれるのですが、同時にサイトカインを出して、他の細胞に病原体の侵入情報とともに、病原体自体の情報も送ることができます。

 

◆好中球

白血球の50~60%を占める免疫細胞です。

マクロファージ同様に病原体を食べてしまう役割ですが、食べる速度はマクロファージより早く、

マクロファージからのサイトカインを受けると、即現場にたどり着ける着ける免疫細胞です。

血管外移動ができる細胞です。

 

◆樹上細胞

情報伝達のプロフェッショナル。病原体の持つ情報を、獲得免疫に伝える役目の免疫細胞です。

外と接触しやすい皮膚、鼻孔、胃、腸、肺に多く見られます。

情報を分節したら、リンパ管を通ってリンパ節に行き、そこにいるナイーブT細胞に情報を教えます。

 

◆NK細胞

1975年に発見された細胞で、リラックスしている時に活性化し、細胞事壊してしまう殺し屋細胞です。

感染した細胞やがん細胞には、正直な細胞にある目印(MHC分子)がないので、攻撃しに行くことができます。

 

◆マスト細胞

アレルギーを最も関係の深い免疫細胞です。マスト細胞は組織にとどまっていて移動することができません。皮下組織や粘膜の内側にいて、カラダに侵入してくる帰省中を見張っている細胞で、他の名前は肥満細胞とも呼びます。

 

こんな精鋭たちが私たちの身体を守っているんですね…。

彼らも誤認することがあります。

それも病名が付いたりして、自己免疫性疾患という部類ですね。

 

かれらのことも、もっと大事にしてあげないといけないなぁ♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です