身の回りに潜む有害物質。妊娠期に気を付けたいこと【ブレイクスルー 健康の基盤づくり 予防医学】

今回は、どんなものにどんなものが含まれるのか?

そのまとめと妊娠期に気を付けたいものをお伝えします。

妊娠前から気を付けるべきことは、先日のコラムで書きましたね!

 

◆身近な日用品だと???

・メイク道具→有害金属、化学物質

・香水、制汗剤→アルミニウム、芳香剤、香料

・ナプキン、おりものシート→漂白剤、GMO、グリフォセート、農薬、香料、高分子ポリマー

・化繊の洋服、洗剤→界面活性剤、芳香成分

・ソープ類→界面活性剤、トリクロサン、香料

 

今は、界面活性剤不使用のものも売っていますよ♪

界面活性剤は割と何にでも入っているのでね。

これは誘導体ですので、いいものだけを誘導するならですけど、基本的に良いものも悪いものも体内に入れてしまうので、注意が必要なんです。

 

特に、カラー剤(シアミン色素、酸化染料)です。

カラーリング剤の毒性は、農薬の140倍20㏄で致死量になります。

そのため、最高のデトックスと言われる妊娠期は、特にやめた方がいいです。

 

◆妊娠期に避けたいもの

①トランス脂肪酸

②有害ミネラル

③環境ホルモン

④遺伝子組み換え食品

 

◆身の回りにある有害物質

大気汚染→PM2.5、鉛

水質汚濁→ダイオキシン

農薬、人工甘味料、化学調味料、着色料、遺伝子組み換え食品、トランス脂肪酸

 

室内も結構多いんですよ。

カビ、ホルムアルデヒド、防虫剤、アロマキャンドル、芳香剤、クリーニング溶剤、おもちゃ、ダニ、電磁波、ブルーライト、プラスティック、スチレン、虫よけ、テフロン加工、ラップ、、、、、あげるときりがなさそうですね。

こうしてみてみると、生活から切り離せないものと、工夫できるものがありますよね。

 

ちなみに、カビって浴室などの水回りに多いですよね。

全身の皮膚の吸収率ですが、腕の内側を1として。

頭皮→3.5倍

口の中→10~20倍

女性のデリケートゾーン→42倍

って知っていましたか???

 

これだけ健康のことを訴えるのには訳があります。

いくら平均寿命が80歳前後と長いからといっても、これは寝たきりも含みます。

病気になって平均約10年後に亡くなる。

要は10年も医療や介護の費用がかさみ続けるということです。

 

そして、『ガン保険は入ったからってガンは治りませんし、ガンにならない訳じゃない。』

予防医学のDr.のお話です。

 

保険代と医療費、介護費を考えるなら、楽しく予防生活したほうがずっっっといいですよね?

そもそもなんでガンになるのか知らない。

だから対策できない。

治らないのは医師のせいじゃない。

 

もっと、自分のカラダの声に耳を傾けられ人が増えますように。

もっと体を大事にしてくれる人が増えますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です