予防医学ラボ ボディ 運動にも好き嫌いがありませんか?

運動にも好き嫌いがありませんか?



こんにちは、

【親子でサッカーキッズの3つの才能をバランスよく引き伸ばすスクール】のヘルスケアラー🌿の赤司です。

 

「あなたの(好き)嫌いな食べ物は何ですか?」ときくと、

アレとコレ。とすぐにでてきますよね。

 

では、これはどうでしょう。

「あなたの(好き)嫌いな運動は何ですか?」

 

ちょっとだけ、考える時間がかかりませんか?

もしくは、持久力系かな~なんてざっくりとした答えになったりしていませんか?

 

じつは、運動も食事と同じでバランスが大切なんです。

それは、運動も好き嫌いが激しいと、ケガの元になるからです。

 

例えば、私はバスケが好きだから。とドリブルやシュートの練習ばかりでは同じ動きで体を駆使し続けることになります。

要は、一部の筋肉や骨・関節を酷使しすぎて怪我を誘発してしまうのです。

お子さんは特に、走りすぎ、投げすぎなどが多いですよね。

 

成人を過ぎてくると、ウォーキングやジョギングを始めたけど、膝や股関節が居たくなった。。。。等です。

 

心当たりありませんか?

 

すでにそうなってる~💦という方もご安心ください。

こういう時がチャンスです。

 

怪我=運動を”完全に”休まなければならない。というわけではありません。

足のケガならば、座ってする腕や体幹などのトレーニングは可能です。

また、後負荷な運動器具を使わずとも、自重(自分の体重)や水中などの運動に切り替えることも可能です。

 

予防医学ラボでは、

サッカーチームと提携していますが、そこでも持ち掛けられるのが怪我治療中や完治後のサポートについてです。

 

私たちの胸中としては、

一番は予防も考えたトレーニングをしておくことなんですが、

サッカーに限らず、どんなスポーツクラブもまだまだ経験則に頼った指導が多いのも事実です。

 

ちなみに、遺伝子検査をされたご家庭で誤解しやすいのも、今回のこのテーマに隠れています。

「このタイプなら、この運動をしたらいいのね!」と、思ったことありませんか?

これは、真っ先にNGを出させてください!

これこそが、今回の運動の好き嫌い(=偏り)による怪我の元なのです。

 

どんな可能性があろうと、「それだけをしたらいい」「これは絶対にしない。」ではなく、その中身のバランスが重要となります。

 

最後に、もう一度ご自身とお子さんの習慣を振り返ってみてください。

『運動に好き嫌い(=偏り)はありませんか?』

 

(参考文献:その運動、体を壊します。つくば大学名誉教授 教育学博士(スポーツ医学専門)田中喜代次 SB新書)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。