遺伝子とたんぱく質って何の関係が???【ブレイクスルー 健康の基盤づくり 予防医学】

    コラム・お知らせ

    先日に引き続き、遺伝子のお話です。

    遺伝子はたんぱく質でできているとお話ししましたね。

    ここでまず知っておいて欲しいのは、RNAの存在です。

     

    DNAは、『デオキシリボ核酸』RNAは『リボ核酸』と言います。

    遺伝子の最も大切な役割はたんぱく質の構成です。

    しかし、DNAは自身だけではたんぱく質構成はできません。

    ここでRNAの力が必要になるのです。

     

    分かりやすく、たんぱく質合成の流れを見てみましょう。

    DNAは、御南のイメージ通り、情報の宝庫です。

    そして、これが転写され、RNAが持ち運びます。

    これがリボソームで翻訳され、たんぱく質が完成!というざっくりですがこのような流れになります。

     

    ◆詳しく見てみましょう。

    たんぱく質合成の指令が出ると、

    ①遺伝子情報はRNA(メッセンジャーRNA)にコピーされます。[転写]

    ②mRNAが核の外に運び出されます。

    ③tRNAがアミノ酸を運んできます。(翻訳)

    ④セリン、グルタミン酸、アルギニンなど、アミノ酸がつながります。

     

    ③のとき、アミノ酸を運ぶためのトランスファーRNAやリポソームRNAも協力しますよ!

    少し難しいですかね。。

    何やらRNAの前にm、t、rなどがついて今いますが、こういう事です!

     

    ・メッセンジャーRNA→mRNA

    ・トランスファーRNA→tRNA

    ・リポソームRNA→rRNA

     

    それぞれの役割ですが、

    mRNAは、レシピを持ち出す役割。

    tRNAは、材料を連れてくる役割。

    rRNAは、リボソームという工場でくっつける(連結)する役割。

     

    そして、rRNAはこれら全てのRNAのうち8割を占めています。

     

    以前、たんぱく質は大事だよ~というお話をしたのを覚えているでしょうか?

    水分は体の60%。

    残り40%のうち半分(20%)はたんぱく質でできています。

    水とたんぱく質の重要性がここでも露見ですね!!

     

    たんぱく質不足がいかに、老化に関わっているか、病気に繋がりやすくなるか。

    また改めて意識してみてくださいね!!

    コメント