食欲を抑えるには?そうだったの?糖と脂肪【ブレイクスルー 健康の基盤づくり 予防医学】

お腹がすいたら食べる。

これを習慣から除きたいのに除けない。

それは、ホルモンを知ると解決できるかも?

 

◆まずはケトン体の理解を深めよう。

先日お話した、ケトン体についてもう少し理解を深めましょう。

ケトン体自体は、

・アセト酢酸

・β-ヒドロキシ酢酸

・アセトン

これらのことをケトン体というのですが、それぞれ違う働きをしています。

 

これら、ケトン体の大きな特徴は、

◎食欲を低下させる作用

◎基礎代謝を高める作用

があります。

ケトン体は空腹時に出るとお話しましたが、超低糖質+高脂肪食(中鎖脂肪酸多め)に取ります。

これにより、ケトン体がよりカラダから出やすくなります。

要は、中鎖脂肪酸はケトン体をつくりやすいということです。

脂肪食に関しては、脂肪の質に目を向けるようにして下さいね。

デメリットが大きくなってしまいますから。

 

◆ケトン体の補足

ケトン体が体から出ると、減少するのは体脂肪だけで、筋肉量はむしろ増えていきます。

そして、生活習慣病・癌・認知症の予防にもなります。

 

食事の糖質を減らすと、がん細胞の増殖が抑制され、血中のケトン体が増えると、がん細胞が死滅するという研究論文も発表されています。

なにより、ガンは糖質が好きなので、夜食などにフルーツもNGになりますね。

 

 

◆食欲低下の秘密を知る

ケトン体に含まれるβ-ヒドロキシ酪酸は、食欲を低下させる効果が報告されています。

空腹時には、食欲を高める働きをするグレリンの分泌が増えますが、ケトン体は、このグレリンの産生を抑制する働きがあります。

 

お腹がすいたな~から少したつと、「お腹がすいたの通り過ぎた」そんな経験無いですか?

また、ちょこちょこ食いは、ケトン体が出るのを抑制している行動になりますよね。

ちょこちょこ食いって血糖値を急上昇させないから…とも聞くかもしれませんが、延々と膵臓が頑張っているのには変わりないです。

そして、それには、ひたすら酵素を使い、ケトン体のもととなる脂肪は燃焼されることもなく…。という、ダイエットの敵にもなります。

肥満度の高い方にはエネルギー減といった点では、痩せ始めることはあると思います。

が、私たちがお伝えしているのは、根本を変えなければならないという事。

1日中インスリン乱用しているということは、カラダリズムがどういう事になるのか?

 

リバウンドやダイエットに失敗した人には特に、気にしてもらいたいポイントですね。

 

 

◆ケトン体のまとめ

・痩せる→ケトン体をつくるときに体脂肪が燃焼します。

・若返る→ケトン体の抗酸化作用で老化をスローにする。

・筋肉量増加→体脂肪が燃焼して筋肉が増えます。

・認知症改善→ケトン体は脳のエネルギーになります。

・癌予防→癌細胞の増殖をストップさせます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です