飲むべき水の条件~ファスティングで一番大事なのは水!?

    コラム・お知らせ

    ◆秘密は水と体の関係にあり!!人が年をとるにつれ体内の水分は90%→40%へと下がっていきます。

    皆さんの身体を作っているDNAやら細胞などのものは3%ほどになります。

    いかに水分が重要かここでもわかりますね!

    さらに、血液や筋肉なども約8割が水でできています。

     

    日々、私たちのカラダの水分は汗や呼吸、排泄などで体外へ出ていきます。

    その量が2.5Lというのはご存じでしょうか?

    そして、私たちが取り入れている水分は、食べ物から1L、エネルギー生産の際にできる0.5Lの計1.5Lです。

    ここまででわかるように、取り入れる水の量が足りていません。

    これを、飲水で補っているのです。

    普段水をとる習慣がない人の体内がどうなっているか・・・考えてみてくださいね!

     

     

    ◆体を作っている水の選び方!!

    水はH2Oというのはご存じですよね。

    そして、水の選び方ですが、硬水?軟水?水素水?マグネシウムが豊富?などなど、いろいろ聞きますが、それは、H2O+αのαの部分です。

    ここでお伝えしたいのはH2Oの部分です!

    要は、まずは含有成分より質を見ましょうということです。

     

    その質、選ぶポイントはこちらです。

    • 加熱殺菌されていない水
    • 酵素活性力(SOSA)の高い水
    • 界面活性力(油を溶かす力)の高い水
    • 有害な物質が十分に除去された水
    • 細胞浸透圧が高い水

    です。

     

    • に関しては、加熱殺菌が当たり前のようになっている日本ならではで、売ってあるものに関してはほとんどが加熱殺菌してあります。

    加熱殺菌により、水分中の酸素や二酸化炭素、ミネラルなどが減少します。これでは吸収しづらい水となってしまいます。

    海外では、加熱した水=ミネラルウォーターとうたうのは違法になっています。

    そのため、もしコンビニなどでお水を買うときは、海外製のものをお勧めします。

     

     

    ◆水は買った方が危険なの??

    皆さんのなかにも「お水は買っている」という方もいますよね。

    ではここで、『硝酸性窒素』のお話をします。

    また難しい言葉が出てきましたが、これは発がん性リスクのあるものです。

    血中の酸素濃度を低下させるお水で、赤ちゃんが窒息死するなどのリスクもあげられるものです。

    皆さんが買っている国内製造のミネラルウォーターの多くにこれが含まれていることを知っていますか?

     

    この成分についてですが、簡単に言うと、窒素の酸化物なのですが、要は、地下に溜まった農薬です。

    ゴルフ場、テーマパーク、運動広場、農場、牧場など、農薬を必要とする場所って多いですよね。実は、日本はこういった場所の近くに採水地があったりします・・・。

    海外では、かなり広い面積で採水地付近は立ち入り禁止などと決めてあります。

    こうしてみてみると、日本って厳しく細かいようで、ゆるゆるな部分も多いのだなと思います。

     

    ◆ファスティングって酵素をとるんでしょ?

    ファスティングって、食事を酵素に置き換えていますよね?

    そのため、重要な栄養素である酵素に目が行きがちですが(もちろん重要!)、酵素は多くても1日500mlですが、水は?2~2.5L飲みますよね!

    ファスティング中にもっとも体に取り入れるものは水!意外とこの水をおろそかにしてしまいがちですが、この水の質によってファスティングの結果が雲泥の差なんです。

    それも、水の選び方5項目を知れば「なるほど」ですよね!

     

    正しい知識を身に着けて、何が正しくて何が自分に合っているのか?

    これが、健康の基盤を作る重要なカギです。

    皆さんも何気なく口にしているお水に注目してみてください!

     

    質問やお悩みに関しては、公式LINE(@549khwee)で随時受付中です!

    ぜひ活用されてみてくだい😊

    コメント