騙されないテクニック~7つのポイント⑥

    コラム・お知らせ

    前回に引き続き、騙されない・人の感情に左右されない心をもつポイントをお伝えします。

    早速、6つ目のポイント!

     

    ◆ポイント⑥

    絶えず「批判の目」で物事を見ることを忘れない

    なんだか、こうして言葉にすると、とても嫌な人のように聞こえますが、大事なことです。

     

    だって、後から公開しても、決めたのは自分だから。

    騙す方も騙す方ですが、心も予防は必要です。

     

    必要な情報を知りえたとしても、その情報をそのまま鵜呑みにしてはダメです。

    それが真実かどうか?判断できてますか?

     

    情報社会の今の世の中で、何が正しいのかを判断する。

    それってとても難しいです。

    だって、どれも本物に見えるんだもの。

     

    そんななかで、やはり言えるのは前回もお話した、

    「不自然に大きな利益」です。

    違和感を感じたら即刻。

    不愉快を感じたら即刻。

    『疑う』

    です。

     

    疑って自分が間違っていたと思ったら、誤ればよいのです。

    疑ってごめんなさい。

    それが言えないのが大人ですがね。

    言いましょう。自分の非を認めることもまた大事。

     

    私たち提供する側は、疑われて怒ることはまずありません。

    怒るのは、自信がないかやましいことがあるからです。

     

    ここで、ひとつ捕捉しますが、疑うことと誹謗中傷は一緒ではありませんよ。

    そこの分別はきちんとしましょう。

     

    でないと、ただのクレーマーになります。

    自分の気持ちと相手の気持ち、ともに上手に寄り添ってあげられるといいですね♪

    コメント