月別アーカイブ: 2020年7月

たんぱく質の取り方~アミノ酸~

お肉などの動物性たんぱく質は、消化酵素を消費しすぎる食品としてお話していますが、たんぱく質はとても大切です。

また、植物性たんぱく質ばかりでは、オメガ6ばかりでオメガ3などの脂質が不足するなどが考えられます。

もちろん、植物性のたんぱく質の方がおすすめしますが、やはり肉魚もたんぱく質だけではなく、とりたいものも入っています。

 

では、どうしたらよいか・・・。

 

◆たんぱく質よりもアミノ酸を意識しよう

たんぱく質が消化で上手に分解されるとアミノ酸になるのは以前お話しました。

そして、髪や爪などのたんぱく質を作っているのはアミノ酸です。

 

ということは、たんぱく質ではなく、アミノ酸をとればいいのかな?と考えてみてください。

今はプロテインでアミノ酸をとることができ、固形物よりも消化の負担がありません。

これも、動物性なのか植物性なのかや、必須アミノ酸や非必須アミノ酸なのかなど数多くありますので、今回はアミノ酸について触れていきたいと思います。

 

◆アミノ酸の種類

アミノ酸は全部で20種類です。

このうち、体内で合成できるのは11種類、合成できないものが9種類です。

この9種類に関しては、食事からとる必要があります。

 

 

(画像:http://papaya-univ.com/nutrition/aminoより引用)

 

◆たんぱく質と体の関係

遺伝子もたんぱく質でできています。

DNAの複製や遺伝子に問題が起きたときに修復しようとする酵素はたんぱく質になります。

そのため、病気や美容などの予防もたんぱく質が欠かせません。

また、効率よく栄養を吸収するために細胞も再生を繰り返しいます。細胞は1~2日で再生し、それに必要なアミノ酸はグルタミンになります。

 

他にも、肝機能向上や血圧上昇抑制にもたんぱく質は欠かせません。

 

◆若返りとアミノ酸

メラニンという言葉を聞いたことがありますでしょうか。

メラニンは紫外線を吸収して黒くなりますが、お肌のガードもしてくれます。

しかし、この黒くなったメラニンがその後もずっと残るというところが皆さんも悩んでいるところではないかと思います。

これを解消するために、肌のターンオーバーが重要なのですが、要らないメラニンを外に出すには、やはりアミノ酸です。

肌のはりやツヤ、弾力をつくっているのはコラーゲンで、このコラーゲンもまたアミノ酸で構成されます。

 

◆アミノ酸不足だと何が起こるのか?

アミノ酸が少ないとHGH(成長ホルモン)が作られません。

HGHは細胞の若返りホルモンと言われていて、アミノ酸の力を借りてからだからたくさん放出します。

これは、眠っている間に体で作られます。

 

これだけ、アミノ酸は私たちの体にとって重要なものであることは知っていただけたと思います。この他にもまだまだアミノ酸の担うものは多いです。

ということは、それだけ必要ということです。

 

だからと言って動物性のたんぱく質をたくさん撮ればいいかというとそうではありません。

消化という過程を踏むからこそのデメリットもありますので、気にしすぎもいけませんが、時々たんぱく質の取り方を意識してみるといいですね!

代謝って汗をかくだけじゃない?代謝とエネルギーはこれだ!①

◆体は食べたものからできているのではない!吸収した栄養素からできている。

食事をした際に口にした食べ物がどんなルートを通って消化されていくのかご存じですか?

口→食道→胃→小腸。大きくこの4か所で消化という作業が行われています。

また、糖質・たんぱく質・脂質により、それぞれ消化される場所も使用される酵素も異なります。

 

  • 糖質の消化コース

糖質は、口の中でアミラーゼという消化酵素が用いられます。

その後は、小腸でアミロプシン等の消化酵素により分解(消化)されます。

 

  • たんぱく質の消化コース

たんぱく質は、小腸でトリプシンなどによって分解(消化)されます。

 

  • 脂質の消化コース

脂質は、胃でペプシンという消化酵素が用いられます。

その後は、小腸でリパーゼなどの消化酵素により分解(消化)されます。

 

これらをみてお気づきかと思いますが、小腸でほとんど(9割)の消化吸収の作業がされています。

 

 

◆暴飲暴食や早食いがなぜいけないのか?

以前、消化酵素には2通りの役割があるとお話ししましたね。

消化酵素に働いた分、代謝酵素としての役割を失うということを思い出してみてください。

 

暴飲暴食や早食いにより、消化不良を起こし腸内で腐敗します。さらにその毒素を腸が吸収します。それらが、全身の細胞に蓄積され、肌トラブルや健康トラブルにつながります。

 

そのため、不調が出たときに『あれ取らなきゃ』『これ飲まなきゃ』となる前に、一度見直す場所があるかもしれません。今後、同じことを繰り返し、体質にしてしまわないようにしましょう。

ファスティングって何だろう?正しい知識がないと失敗する?

ファスティングって知っていますか?と聞くと、『断食のことでしょ?』と言われるのですが、半分不正解です。

断食では飲まず食わずや、水分だけなどいろいろ聞きますが、そもそもファスティングとは何なのでしょうか?ファスティングで失敗しとことがある人や、断食なんて無理!と思っている方は是非読んでみてください。

 

◆ファスティングの基礎知識

ファスティングは、断食をして摂取カロリーを抑えることを目的にして行うのではなく、疲れた消化器官を休ませ、腸内をキレイにし、停滞している代謝酵素を一気に活性化させることを目的としています。

フランスでは、“メスが要らない手術”と言われています。

また、ロシアやドイツなどではファスティングに国の保険が適用されています。

 

ファスティングの目的ですが、以前よりお伝えしている“細胞便秘”などの細胞が汚れた状態から汚れを取り除き、良い細胞の状態に入れ替えることにあります。

特に、肥満の人の細胞は、コレステロールやプラーク(垢)、中性脂肪や真菌、病原菌、白血球の死骸などが詰まっています。

要は、細胞一つ一つの中に宿便が詰まっているようなものです。

 

細胞の“入れ替え・再生・解毒・排泄”は、予防美容や予防医学にとって、とても大事なことです。

 

 

◆間違った方法は危険!?正しいファスティングとは?

ファスティングといったときに、『前回、リバウンドしたんです』『肌があれました』『何も食べないのはきついです』といった声が多く聞かれます。

しかし、ここでいいたいことは、世にいう断食とファスティングがイコールではないということです。

 

ファスティングの目的として、代謝酵素の活性化とお話ししました。この酵素ですが、人は消化酵素と代謝酵素の2つの目的で酵素を利用します。

酵素は、一生の使用量と1日の使用量に上限があります。

また、酵素のうち8割が消化酵素として働いた場合、代謝酵素として働けるのは残り2割りだけということになります。

 

そのため、日々消化酵素の無駄遣いをしている分、肌やダイエットなどのトラブルや健康不良などの症状になやまされます。

そこで、代謝酵素として働く割合を増やしてあげようと、いうことで、固形物の摂取を一旦おやすみし、かつ必要な栄養はしっかりとる。これが、ファスティングの基本です。

 

よく聞く断食では、この『栄養はしっかりとる』の部分ができずに、酵素も働かず、栄養不足にもなり、逆に失敗や不調の原因となります。

また、栄養も偏りが合っては同じことですので注意しましょう。

 

◆ファスティングに求められるもの

①代謝の活性化

代謝の悪化は太りやすく痩せにくい体になるほか、あらゆる不調の原因になります。

しっかりと栄養と酵素を取り込むことで、代謝をよりスムーズにします。

 

②腸内環境が整い善玉菌が優勢になる

消化酵素が休まる、固形物を食べない時間に、腸内細菌たちが活動します。

善玉菌が増え、悪玉菌を減らして腸内細菌を整えます。

 

③すべての臓器と細胞のリセット

胃・腸などの消化器官はもちろん、脳を含め、すべての臓器の毒が抜け、それぞれがしっかりと機能してくれるようになります。

細胞内のプラーク(垢)が抜けてくれると、細胞内のミトコンドリアも生き生きと働けますね。

 

④生理痛や生理前の不調が軽くなる

ホルモンバランスが整い、女性の場合、生理痛や生理前の症状が軽くなります。

 

⑤宿便の解消

酵素断食を定期的に行うことで、大腸壁にこびりついた宿便、小腸の柔毛の宿便はもちろん、全身の細胞内にこびりついた毒素も取れていきます。

 

(酵素が太らない体を作る 鶴見クリニック院長 鶴見隆史・著 青春出版社 P180~182 より引用)

その栄養素足りてないかも?9大栄養素抜きすぎているかも?

◆今は9大栄養素の時代!

栄養素といえば、3大栄養素や5大栄養素などいろいろ聞きますよね。

まずは、その詳細を見てみましょう。

 

  • 3大栄養素

これは知っての通り、『糖質・たんぱく質・脂質』です。

 

  • 5大栄養素
    • に『ビタミン・ミネラル』を足した5つの栄養素のことです。

 

  • 6大栄養素
  • に『食物繊維』を足した6つの栄養素のことです。

 

ここまでは、皆さんもよく聞く栄養素が多いのではないでしょうか。

では、9大栄養素とは、何が含まれるのでしょうか?

 

『糖質・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維』と『フェイトケミカル・水・酵素』です。

フェイトケミカルとは、新鮮な野菜や果物に多く含まれる抗酸化栄養素のことです。

ポリフェノールやカロテノイドなど聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

◆酵素の必要性

なぜ9大栄養素に酵素が含まれるかご存じですか?

例えば、車は数百以上の高温で一瞬に酸化(爆発)してエネルギーを作り出していますよね。

ですが、人の場合高温高圧でいることができません。

そのため、体温が30~40度でもエネルギーを作り出すことができるように、酵素が必要になるのです。

どんなに良い栄養素をとり、それを活かすビタミンやミネラルが足りていたとしても、それらをきちんと利用してくれる酵素が無いことには無駄に終わってしまいます。

 

また、酵素は一生に生産できる量も1日で使用できる量も有限です。

これは遺伝子に組み込まれており、母親によって決められます。

この酵素は生命維持には必要不可欠で、体内の酵素がなくなる=死となるのが生き物です。

 

この有限とされる酵素を無駄遣いすることが何に繋がるのか、酵素は何に使われどんな働きをしているのか?

ダイエットや酵素のコラムでお話ししていますので、意識してみてくださいね。

 

 

◆補足の豆知識:糖質と炭水化物

よく、3大栄養素に炭水化物と書かれることがありますが、糖質=炭水化物ではありませんので、知っておきましょう。

炭水化物は、糖質+食物繊維のことです。

 

炭水化物抜きダイエットや糖質制限ダイエットなどでもそうですが、この炭水化物を抜きすぎることがよくないのはこれでイメージが付きましでしょうか。

 

以前のコラムにも記載していますが、糖質は重要なエネルギー源であり、必要不可欠です。

糖質を抜くのではなく、血糖値の上昇を抑えてあげることにフォーカスしたほうが健康的だと思います。

そのためには、食物繊維の摂取とGI値の把握がカギです。

 

みなさんも、知らないうちに体に鞭打つ生活をしているかもしれません。たまにはしっかり休ませ、ただしい栄養の補給を心がける期間を作ってあげてくださいね!

糖と肥満は関係あるの?

◆糖質の吸収と蓄積を見てみよう!

食事をとったときに、最も早く吸収される栄養素が糖質です。

糖質は、体内に吸収されるとすぐに血糖値の上昇が起こります。

この時、すい臓からインスリンが分泌されて、血液中の糖分と体内貯蔵へと移行します。

 

では、高GI食品をとった場合どうなるのでしょうか?

GI食品の摂取はインスリンを過剰に分泌してしまいます。

そして、すぐにエネルギーとして使用できるように、グリコーゲンに変化します。

これが、血液(約20g)・筋肉(約150~200g)・肝臓(200~250g)と純に蓄積されていきます。それでも過剰な糖質はこの後脂肪細胞へ蓄えられることになります。

この脂肪細胞は蓄積量に上限がありません。

ということは、延々と太り続けることにも繋がるのです。

 

 

◆食品・食材のGI値を把握しておこう!

(引用:https://www.timesoft.jp/mini/2002/04-06/0607.html