日別アーカイブ: 2020年9月20日

【お客様の声】今は視界が少し晴れた気分です!

こんにちはブルー音符

 

愛する夫には元気でいて欲しい!

”人生100年時代”を楽しいと思える生き方で♡

『もっと』『さらに』上へ行ける専門家

 

代表/予防医学ラボNo.face8

赤司知代ですキラキラ

 

 

Instagram  /  Facebook  /  公式LINE

猫しっぽ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫あたま

 

 

今回は、サービス体験後の感想を送っていただけましたので、

こちらにご紹介させていただきますね♪

 

******************************

【お客様はこんな方👨✨】

名前 :奥野魁土
年齢:29
住まい:東京
サービス:個別相談30日+プロファイリング
(※現在は別サービスで提供しております。詳細はお問い合わせください。)
Q1.予防医学ラボNo.face8に相談する前はどんな状況、どんなお悩みを抱えていましたか?
以前から身体について特に食事など口から摂るものに関して気をつけたい思いはあったけれど、何から手をつければよいのか、何がいけないのか根拠となる知見に乏しく困っていました。
A. 情報社会になった今、何が合っているのか何を見たらいいのか?そこはとても判断の難しいところですよね。一番最初のご質問が、スーパーで買い物中に写真付きで『どうやって選んだらいいですか!』とメッセージを頂いた際は、意識の高さに驚きました(笑)
Q2.予防医学ラボNo.face8の雰囲気や、赤司の印象はどうでしたか?
赤司さんと話してみると、知識やデータに基づいた指摘・指導をされるので自分自身納得して取り組むことができ、また、本当に楽しそうに仕事をされているので、その陽のエネルギーに影響されこちらまで明るく前向きな気持ちになれます。
A.嬉しいお言葉ありがとうございます。お話をしながら『楽しい!面白い!』と楽しそうにされるお姿にこちらもたくさん楽しい時間を過ごさせていただきました♪
Q3.予防医学ラボNo.face8で学び(ご利用サービスを経て)、心や体にどんな変化が起こりましたか?
今までは根拠もなくトライ&エラーをするタイプではないと言い訳し行動せずにいましたが、気軽に聞けて速やかに知識をくれる赤司さんのおかげで行動に起こすエネルギーを得て、今は視界が少し晴れた気分です。
A.行動に移すにもどうしたらいいか分からないという方は、割と多いと思います。昔は私もその一人でした。そんな方が気軽にお話に来れる場所にしたいと思っていますので、その変化はとても嬉しいです♪
Q4.現在の状況や今後の目標など
まずは無理のない範囲で継続し少しずつ良い状態に近づきたい、ゆくゆくは痩せて彼女を…
A.継続は力なりですね!さすがです♪割とデータをもとに動かれるのが得意ですので、わからないことは少しずつ解決していきましょう。そして、素敵な目標!!私も楽しみです♪
Q5.赤司知代に会うことを、迷っている方へ一言!
1度話してみるとまた話したいなと思えてしまう方です。赤司さんの持つ心地よい陽のエネルギーに触れて、ぜひ何気ない日々の話から始めてみて下さい。仕事に関係のある分野の話になると止まらなくなってくれます(笑)
A.いつでもお話にいらしてください♪止まらない(笑)きちんとカウンセリングはしておりますので、負けじとしゃべり倒してください!全部聞いておりますよ~♪私の話は、、、止めてください(笑)

奥野さん、嬉しい感想をありがとうございました!
陽のエネルギー持って行ってください(笑)

 

予防医学ラボNo.face8を選び、担当としてお役に立てたこと、
こちらこそ、本当にありがとうございました☆

政治から見た日本医療、医者がぶった切る!医者と病院が国民を病気にしている?【ブレイクスルー 健康の基盤づくり 予防医学】

◆なぜガンになってから治すのか?

いつ病気になるかわからないから、ペット検診をする。

早期発見早期治療。そんなモデルができている。

ガン保険に入ってもガンは治らない!

 

じゃぁ、そもそも病気になる原因は?

『ストレス』『わからない…』結局対症療法。。。。

 

これじゃぁ、何の解決にもなりませんね。

 

 

◆医療費はどこから出ている?

税金から。

ということは、割を食うのは国民…?

財政理論、金融理論を理解していないからこそ起こる医療保険の矛盾…

そして、減税してほしいというならば、自分たちもコントロールが必要。

 

医療費は増大の一方。

1982年は4兆円→今約50兆円。

軍事費や建設費は5~6兆円。

 

そして、ドラッグストアで簡単に買える薬(点鼻薬、目薬、胃薬など)このあたりも合わせると150兆円くらい!?!?

 

築いて欲しいのは、それらの多くが対症療法だということ。

 

◆病院と病気の関係

病院を減らすと健康長寿が増えた。―これってどういうことなんでしょう?

 

『お菓子や甘いものを食べまくっている人達がなぜ保険適応なのか?』

そんな疑問を投げかける吉野先生。

お菓子・甘いもの。

これらが酒・タバコよりも罪がないってどんな常識?

タバコ辞めてもガン率UPしているの知っていますか????

 

厚生労働省では、ガンNo.1タバコ。

…本当?

 

吉野先生エビデンスがないとぶった切りです!!!

 

ガンは15年前からの食生活からきていると知っていますか?

平均寿命が延びているからガンUP?

いえいえ、30代のガン率UPはどう説明する…

 

と、ぶった切りまくりの吉野先生ですが!

 

結論はこう!

 

食でしょうよ!!!!!

 

◆私が思うこと

子供たちって、まだ体が出来上がってないんですよね…。

で、給食です。

パン・牛乳・白米‥‥

なんで?どうしてそうなるんでしょう。

栄養のこと、カラダのこと、もっとちゃんと知らないといけないんじゃないか?

 

 

そして、いつでも簡単に手にする薬。

目薬や点鼻薬って、薬って認識ない人多くないですか?

 

政治の話もちょこっと出てきたけれど、

なかなかね。

自分の人生自分できちんとですよ!

 

人任せ医療が日本を破綻させる???

そんな、吉野先生のお話、聞いてみてくださいね♪

正しい医者の選び方。大事です!

 

(参考引用:CGS、日本の健康と予防医学より)