予防医学ラボ ボディ BMIにとらわれてはいけない訳

BMIにとらわれてはいけない訳



こんにちは、

【親子でサッカーキッズの3つの才能をバランスよく引き伸ばすスクール】のヘルスケアラー🌿の赤司です。

 

今回のテーマは、【BMI】。

あなたは、BMIというワードをどこで何のために知りましたか?

多くは、ダイエットの為に…と答えが返ってきます。

 

ここが今日のポイントです。

BMIを意識しすぎるあまり、不健康な痩せ方をしたり、パフォーマンスが落ちたり、なんてこと経験していませんか?

 

実は、BMIはあくまでも”何らかの”目安なんです。

何の目安かは、個々人で異なります。

 

よくきく18~28というのは、【健康増進】が目的の場合のみです。

モデルさんのような美しさ第1!というのであれば、16~21くらい。

トップアスリートであれば16~50等、競技等によっても異なります。

例えば、

筋肉がつきすぎてもパフォーマンスが落ちる競技などは、16~18。

衝突が多く、ぶれない体が必要であれば40~50。

 

こうしてみると、BMIだけだと何が何やらですよね。

 

さらに、問題なのはその中身。

BMIは、体重の質が筋肉なのか脂肪なのか、はたまた骨や水分がどれくらいで・・・・なんて全く分かりません。

 

例えば、

同じBMI20でも、お腹が出ていて「痩せたい!」と思っているひともいますし、体ががちがちで痩せすぎだからもうちょと「脂肪を付けたい」と思っている人もいます。

 

BMIにとらわれるあまり、

不適切な痩せ方や太り方をして、逆に不健康に走っているという方も見てきました。

あなたがどんな目的で体作りをしたくでBMIを算出しているのか、

今一度考えなおしてみるのもいいかもしれませんね。

 

(参考文献:その運動、体を壊します。つくば大学名誉教授 教育学博士(スポーツ医学専門)田中喜代次 SB新書)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。