「コラム・お知らせ」カテゴリーアーカイブ

光沢剤と着色料

飴やチョコレートって”艶々”していておいしそう・・・。

その”艶々”はどうやってできているか知っていますか?

 

今回は、その艶出し材である【光沢剤】にフォーカスしてみましょう。

光沢剤って何からできていてどうやって作られるか知っていますか?

▶食品からの水分の蒸発(乾燥)を防いだり、湿気から食品を保護するために、食品の表面に皮膜を作ったり、表面を保護して光沢を与える目的で使用されるものが光沢剤です。

光沢剤は、水に溶けない性質を持つワックスや樹脂が使われています。

その中でも代表的な3つを紹介します。

①シェラック(白シェラック、精製シェラック)

原料:ラックカイガラムシ(その名の通り、害虫です。)

この虫の分泌する樹脂状物質を精製して得られたもので、成分は樹脂酸エステルです。

 

精製方法:アルカリ性水溶液やエタノールで抽出、漂白又は精製したものが、白シェラックや精製シェラックです。

光沢剤としての利用の他にも、チューインガムのベースとしても使用されます。

▶使用対象食品:キャンディー、チョコレート、果実など

 

 

②パラフィンワックス

原料:原油を減圧蒸留して得られる潤滑油分画を処理して得られたもので、炭素数20~40の炭化水素の混合物です。

加熱すると粘性の低い液体になり、菓子、糖衣食品、果実等のコーティングに用いられます。

▶使用対象食品:キャンディー、チョコレート、果実など

 

 

③ミツロウ

原料:ミツバチの巣より加熱圧縮後、ろ過したものより得られたもので、主成分はパルミチン酸ミリシルです。

粘稠性、伸展性が強く、熱エタノールや油脂に溶かし、菓子、糖衣食品、果実等のコーティングに用いると艶のある被膜を形成します。

 

光沢剤はどんなものに使われる?

光沢剤は、塗料・接着剤・剥離剤・弦楽器や家具などに塗るニスやワックスにも使われます。

 

みなさんのよく知る、チョコレートに使われる”光沢剤”は主に、植物性が多いです。

ミカンやリンゴなどの表面の艶出しにも使われているって知っていましたか?

 

≪ちなみに・・・・≫

ラックカイガラムシ(何度も言いますが、害虫です・・・)ですが、昆虫由来の着色料の中でも赤色の着色料としても使われます。

 

原材料欄には、【コチニール】と書かれていることが多いですよ。

さて、何に使われているかですが。

▶明太子、タコ、ハムなどの加工肉、イチゴ味の食品(のピンクの色)など

 

 

どの食品にどの光沢材が使われているか?

※表示する必要がありません。

恐怖じゃないですか?

 

添加物の表記義務はあります。

しかし、その表記方法が同じ一つの物質でも、表示名が複数存在したり、原料が違っても【光沢剤】と一括表示になったりします。

 

”光沢剤”がはミツロウ由来ならいっか~と思っていても、その判別は不可能です。

 

安全性は?

天然=安全ではありません。

 

科学的に安全試験がなされている指定添加物でも、NGな組み合わせなどもあります。

例えば、『安息香酸+ビタミンC=発がん性の毒物』となりますが、安息香酸入りの食品とビタミンCの入った食品を一緒に食べることに法規制はありません。

 

単体で安全!と言われて使用される添加物が毒物に変身することがあるということも知っておいてくださいね。

 

既存添加物(天然添加物)は、天然のものだよ。と言いているだけで、安全確認されていないものもあります。

 

なかでも、危険な光沢剤の実験を2つほど。

①モンタンロウ:赤血球の減少、白血球の増加、肝臓の炎症、細胞壊死など

②ウルシロウ:アレルギー性皮膚炎

 

アレルギー物質は避けているのに・・・てかた、食べているものに”光沢剤”入っていませんか?

気にしてラベルを見てみてくださいね。

 

(日本は海外の中でも添加物大国ですよ・・・)

→日本のお菓子は海外で『事故責任のもとお買い求めください』と張り紙をして売られているのを知らない人、多いのではないでしょうか?

 

 

ストレス解消間違ってた!!

自分のストレス解消法をチェックしてみよう!

 

◆コーヒーでリラックス

→コーヒーに含まれるカフェインは、副腎に刺激を与えてコルチゾールを作り出すためストレスに対応することができますが、継続時間は2~3時間、このコルチゾールの急激な増減が実は大きなストレスを副腎に与えます。

 

◆チョコレート

→これにもカフェインが含まれます

 

◆甘いお菓子

→糖を入れると元気になると勘違いされがちですが、急に血糖値が上下するので副腎に負担がかかります。

 

◆アルコール

→アルコールは、細胞に素早く吸収されて、エネルギーを急激に燃焼させます。

また、糖が多いアルコールを摂りすぎると、血糖値も一気に上がり、副腎がストレスを感じます。

 

◆栄養ドリンク

→栄養ドリンクにはカフェインや糖質だけでなく、手っ取り早く栄養を摂取するための様々な成分が含まれています。その成分が副腎に負担を与えます。

 

 

あー!それよくやってる!

なんて心当たりのある方は、前回の三種の臓器の記事を読んでみてください。

腎臓はたいせつにしましょうね!

3種の臓器:脳と腸と〇〇と

今日は副腎についてお話させていただきます。

 

なぜか?3種の臓器といえば!

脳と腸と『腎臓』です。(私の意見ですが笑)

 

◆副腎についてみてみよう!

ストレスをコントロールしてくれるのが副腎です。

腎臓の上にあるピラミッドの様な形をしたものが腎臓になります。

 

身体や心の回復力・エネルギー・耐久力、そしてまさに生命そのものが副腎の正常な働きにかかってきます。

副腎から分泌される副腎皮質ホルモンのコルチゾールが減り、そのことによって疲労の症状が起こってきます。

 

◆ストレスとは?

学術的には仕事の忙殺、人間関係のストレスを引き起こす要因によって、心身に負荷がかかってゆがんだ状態を意味します。

元来は、物理学での用語でしたが、生理学者のハンス・セリエが1930年代にしトレス学説を提唱したことで、人の心にこの言葉が使われるようになりました。

 

ストレス

→・科学的:排煙、排気ガス、酸素、薬物

・生理的:疲労、ウイルス、睡眠不足

・物理的:寒暑、騒音、放射線

・心理的:精神緊張不安、恐怖、興奮

などです。

 

この中でも、副腎疲労症候群の原因となる精神的ストレスとしてよく見られるのは、身近な人間関係です。

たとえば、家族の問題、上司の問題・・・・心当たりがある人も多いのではないでしょうか?

 

次回は、他にも数あるストレスと腎臓との関係性についてみてみましょう♪

子と孫は優しい*まとめ

子と孫は優しい(ことまごはやさしい)を聞いたことがありますか?

今日はそのまとめですので、ご活用ください!

 

【こ】

・穀類、玄米、雑穀米

ビタミンと食物繊維が豊富で、GI値も低い。

 

【と】

唐辛子(香辛料)

ビタミンが豊富で殺菌効果が高い。また、体温上昇に役立つ。

 

【ま】

・納豆、味噌、豆腐、大豆

良質のたんぱく質と食物繊維のほか、マグネシウム、ビタミンB群、亜鉛などが豊富。

 

【ご】

・ごま、ナッツ

オメガ3脂肪酸と言われる良質の資質とたんぱく質、ビタミンEなどを含む、ゴマのセサミンなど、抗酸化作用を防ぐ栄養素も豊富

 

【わ】

・わかめ、昆布

ヨード、ビタミンB群、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどが豊富

 

【や】

・やさい、果物

緑黄色野菜のβカロチン、単色野菜のビタミンCなど、各種ビタミンと食物繊維が豊富

 

【さ】

・魚

青魚のDHAなどのオメガ3脂肪酸とビタミンB群、亜鉛、鉄、タウリンなどが豊富

 

【し】

・しいたけ、なめこ

ビタミンB群、D群、食物繊維などの他、多糖類を含む。

 

【い】

・イモ類、じゃがいも、サツマイモ

腸内環境を整える食物繊維の他、じゃがいもはビタミンCなどを含む。

 

 

以上、ことまごはやさしいのまとめでした!

美しさを手に入れたいなら酵素の選び方を知るべし

皆さんはダイエットをするときに酵素を摂ろうとしたとき、どうやって選びますか?

酵素って種類が豊富で、それぞれ目的が違ってどうしていいか分からない・・・。

そんなときのための酵素の選び方をお伝えいたします。

 

①酵素原液が何パーセントか?

②野菜、野草、果物が何種類使用されているか?

③原料の安全性は?

・栄養成分分析試験

・放射性セシウム検査

・急性毒性試験

・残留農薬一斉分析

・重金属、ヒ素検査

など

④無添加だから安心

・安息香酸不使用

・保存料不使用

・香料不使用

・白砂糖不使用

・人工甘味料不使用

・着色料不使用

⑤安全性、工場

・国内の工場で製造

⑥エビデンス

・各種分析試験データ取得

 

なぜ、ここまで徹底するか?

健康のこと考えていて、これらを加味しないのは論外です。

はっきり言って何がしたいのかわかりません。

 

きちんと酵素をとるのなら、その酵素もきちんとしたものでないと無駄金と無駄時間ですので注意しましょうね!

リーキーガット症候群

噛む回数が少ない、暴飲暴食などでどんなことが起きるか?

聞いたことがありますか?

 

◆リーキーガットを知るべし

リーキーガットとは、小腸が何らかの理由で損傷し小さな分子が漏れ出して血流に乗ってしまうことです。

想像してお分かりの通り、血流に乗ると全身で炎症が起きますね。

そして、脳に対してもよくないことをしでかしてくれます。

 

このリーキーガットの原因ですが以下のようなものがあります。

①毒素

農薬、ホルモン剤、抗生物質、添加物(人工甘味料、合成保存料、乳化剤)

②食品

・精製糖類(上白糖、果糖ブドウ糖液糖)

カンジダ菌を増やし、善玉菌を減らします。

→悪玉菌は毒素を出して腸壁を食い荒らします。

・小麦粉のグルテン

グルテンが血流に乗ると、炎症も起こりますが、麻薬のような作用も起こりますので要注意です。

・乳製品のカゼイン

牛乳のたんぱく質カゼインが炎症物質です。

 

前回あげた、脳と腸によくないものが、リーキーガットの引き金になっていた。ということですね。

ここまで読んでみて、改めなければ。

そう思った方は、ご相談ください。

 

この依存性のある食べ物からの脱却は一人ではなかなかの強敵です。

 

腸の力で思考を変えていく

本日はファスティングは究極のデトックスか?というお話になります。

 

最近ではファスティングという言葉も珍しくなくなってきましたね。

そんなファスティングですが、こんなことをしてくれます。

・腸を休ませる

→腸内環境を整え、免疫力向上に繋がる

・体の解毒パワーがOPする

・大概排出(追い出す)

・栄養学的解毒(無毒化する)

・吸収阻害(侵入を拒む)plus脳がよみがえる

 

などです。

 

 

◆脳と腸に不具合が起きるのってどんな時?(食編)

先ほど、ファスティングの話をしましたが、そもそもなぜファスティングをする必要があるのか?

それを理解するためには、脳や腸に悪さをするのは誰だ?というのを知っておく必要があります。

 

①動物性脂肪

酸化しにくい特徴を持つので、お弁当作りにはもってこいですが、これが過度になるとよくありません。

②異性化糖

こんな名前を見たことがありませんか?

果糖、上白糖、加藤ブドウ糖液糖、グラニュー糖、人工甘味料、高果糖液など

これは、取り入れてはダメな糖ですよ?以前もお話ししましたね!

③精製植物油

これはよく使っていませんか?

サラダ油やドレッシングに多いですよね。

④小麦

食パン、菓子パン、パスタ、そうめん、冷や麦、粉もの、ケーキ…果てしないですね。。。

⑤米

玄米以外の精白米のことを指します。もち米、もち、その他のGMO作物などです。

 

この⑤つに分類されるのは、悪者だと思ってくださいね!

さて、これらを年間どれだけ体に蓄えているでしょう???

 

ヒントは、添加物だけでも4~10kgです。

ということは、それ以上は確定ですね。

パン食が多い人や甘いものばかり好んで食べている人は、いったいどうなっているんでしょう。

と、考えるとおそろしいですよね。

 

健康を考えるなら、これを知ったうえで、どう付き合うかですよ!

 

疲れる毎日にサヨナラ!

・何でもないのに疲れている

・なんだかすっきりしない

そんなあなたは脳力が弱っているかも??

 

◆脳力UPするなら?

まずはコチラをチェックしてみてください。

①DHAを摂るのに魚を食べさせればよい?

②骨や歯をつくるカルシウム補給は牛乳から?

③小魚を取っていればカルシウムの補給は十分?

④糖質は太るからなるべく摂らない?

⑤お肉は食べないとスタミナがつかない?

⑥玄米は固くて消化が悪い?

⑦胃腸を疲れさせないためにやわらかいものを食べさせる?

⑧疲労回復には甘いお菓子?

⑨眠気覚ましと頭をはっきりさせるにはカフェオレ?

⑩時間の節約のために電子レンジ?

 

これらはすべてNO!です。

ひとつづ簡単にヒントをお話しますね。

 

①DHAを摂るのに魚を食べさせればよい?

→DHAやEPAというものをよく聞きますよね?

それは、魚の食べている餌に秘密があります。

 

②骨や歯をつくるカルシウム補給は牛乳から?

→牛乳は消化に悪く、腸を汚すといわれていますが、脳では側頭葉の働きを低下させます。

 

③小魚を取っていればカルシウムの補給は十分?

→カルシウムをより吸収しやすくするための工夫をしてみましょう!

たとえば、レモン汁・酢・Mgと一緒に取るなどです。

 

④糖質は太るからなるべく摂らない?

→糖質には種類があるというお話を以前したことがありますよね?

そして、どんな糖質がどれくらい必要なのか…?

考えたことありますか?

 

⑤お肉は食べないとスタミナがつかない?

→動物性たんぱく質と植物性たんぱく質という観点で考えてみましょう!

 

⑥玄米は固くて消化が悪い?

→さて、玄米と白米の違いは何でしょう?

玄米で取り除かれているものは一体何だろう??

 

⑦胃腸を疲れさせないためにやわらかいものを食べさせる?

→つい前回の記事で噛むことの大切さをお話ししましたね!

ということは???

 

⑧疲労回復には甘いお菓子?

→脳に糖がいかないように脳関門があるんです。そこに糖攻撃を続けるのは…

脳疲労のきっかけですね。。。

また、脳は何でできているかもう一度考えてみましょう!

 

⑨眠気覚ましと頭をはっきりさせるにはカフェオレ?

→カフェオレは一体なにでできている!?

 

⑩時間の節約のために電子レンジ?

→電子レンジの高周波は栄養素の一部(アミノ酸、ビタミンB群、C、Eなど)を破壊します。

そして、起こるのが体の酸化です。

 

少しでも考えるきっかけになればと思い、今回はヒントを羅列する形としてみました。

答えが分からない。

なぜ?

などは、いつでもお問い合わせください。

 

なりたい私に近づく脳活術

脳活術ってなんだろう?と思う方もいらっしゃるかと思いますが!

ここでいう脳活とは、脳の活性化のことです。脳の活用の仕方じゃないですよ。

 

では早速、脳が活性化するには?という点で、お話をしていきますが、今回は『食』に絞ってお話させていただきますね。

 

◆脳が活性化する食べ方

①正しい炭水化物をとる

これには、3つのポイントがあります!

・GI値の低い食品であること

・よく噛んで食べること

・5つの食リズムを守ること

です。

 

よく噛んで食べるは、もう聞き飽きた!という方もいるでしょうが、知っているのとできているのとでは雲泥の差です。

炭水化物は、口腔内の酵素で分解されます。

それが、数回噛んだだけでは、消化酵素が働きようもありません。

まずは噛む。そこからすでに消化が始まっています。

 

そして気になるであろう、5つの食リズムです。

まず、5つをご紹介します。

・消・滑・溶・浄・湿

です。

 

・消は字のごとく、消化です。

・滑は滑りをよくするという意味で、唾液が多いと食物がより分解され、食道の通りがよくなります。

・溶はイメージで言うと胃ですね。よく噛んで細かくなったものはより溶かしやすくなります。

・浄も字のごとく浄化です。唾液には殺菌効果があるのを知っていましたか?

・湿は口腔粘膜の湿度を保ち、最近ウィルスが侵入するのを防ぎます。

 

これを意識することは、読んだ通り免疫力の向上に繋がっていることが分かりますね。

 

②酵素の生きた食べ物を食べる

→食事内の酵素バランスは、50%が酵素を含むものの方がよいでしょう。

③油のとり方を意識する

→脳は油とたんぱく質でできています。間違っても糖分ではできていません。そのため何が必要かはわかりますね。油も酸化(腐敗)したものを摂取すると、それをもとに各組織は再生されますので、なぜ気を付けなければならないかがこれでお分かりいただけたでしょうか。

④正しいビタミン、ミネラルのとり方を学ぶ

⑤たんぱく質を正しくとる

 

これらの5つを意識してみると、よい脳活ができるかもしれませんね。

④⑤に関しては、過去の記事をみてみてください♪

お歳暮にどうぞ☆【お知らせ】

\一年の締めくくりにオーガニック&ギルトフリーな贈り物を/

いつもご利用いただきありがとうございます。

この度お歳暮ギフトにぴったりなセットをご用意致しました
大切な方へのご贈答にぜひお役立て下さい
※各商品の箱内にB6リーフレットを同梱しておりますが、金額が記載されておりますので、ご不要な方はお手数ですが抜いて頂くようお願い致します。

11月9日(月)受付開始!!
※出荷日は11月下旬~を予定しております。

①フラックスシードオイル・キオケソイソース・ブルーアガベシロップ瓶タイプの3本1セット

②フラックスシードオイル・キオケソイソースの2本1セット

ご質問・ご不明点がございましたら公式LINEメッセージにてご連絡ください☆

ご注文もドシドシおまちしております☆

 

コチラの画像からとべます♪